そばアレルギーの知識

トップ » 麺を知る・楽しむ » そばアレルギーの知識

そばアレルギーの知識

そばアレルギーとアナフィラキシーショック

そばアレルギーの症状は、他の食物アレルギーにくらべて重篤な症状が出ることがあります。喫食した直後に喘息発作、鼻アレルギー、じんましん、消化管アレルギーが併発し、アナフィラキシーショックを起こすこともまれではありません。


そば粉(そば枕使用)の吸入でも鼻アレルギーや喘息発作を起こします。そば抗原性は非常に強いので、ごく少量でもアナフィラキシーショックを誘発する危険性があります

キッチンイメージ写真

※アナフィラキシーショックとはアレルギー反応の1つで、外来抗体に対して免疫が過剰に反応してしまい、複数の臓器に強いアレルギー症状が急激に表れることをいいます。アナフィラキシーにより意識障害や血圧の低下などのショック症状を引き起こすことをアナフィラシーショックといいます。

ページの先頭へ戻る